私たちの製品

合金化亜鉛めっき鋼板

簡単な説明:

応用: 精密機械部品向け


製品の詳細

商品タグ

この製品も溶融法で作られていますが、タンクから出したらすぐに500℃程度に加熱して亜鉛と鉄の薄膜を形成します。この亜鉛メッキシートは、コーティングの気密性と溶接性が良好です。

最も先進的な米国の鉄鋼生産プロセスを使用した亜鉛メッキ生産ライン、製品の主な仕様は0.15-1.5mm * 800〜1250mmです。生産ラインには、連続焼鈍炉の放射が装備されています。加熱管型水平ジェット周波数誘導加熱セラミック亜鉛鍋; 4キャビティエアナイフ; 軽機; 矯正機やその他の高度な機器、私たちは特許を取得した技術で開拓してきました:多くのエネルギーを節約し、環境を保護する廃熱利用装置。

亜鉛と鉄の合金層は、亜鉛めっき浴液を通過する鋼帯の熱処理によってコーティング全体に形成されます。コーティングは金属光沢のない濃い灰色に見えます。激しい成形プロセスの間に粉になりやすいです。一般的な洗浄以外の処理をせずに塗装できるコーティングに適用できます。 

Alloyed galvanized steel sheet

構造用合金鋼のグレードは、アラビア数字と標準の化学元素記号で表されます。2つのアラビア数字は、平均炭素含有量(x / 10000)を表し、成績の上位に配置するために使用されます。の
合金元素の含有量は次のように表されます。平均含有量が1.50%未満の場合、グレード番号は元素のみを示し、通常は含有量を示しません。平均含有量が1.50%〜2.49%の場合、合金元素に続いて2.50%〜3.49%、3.50%〜4.49%、4.50%〜5.49%、2、3、4、5と表記します。例:構造用合金鋼の炭素、クロム、マンガン、シリコンの平均含有量は、0.30%、0.95%、0.85%、1.05%です。SとPの含有量が0.035%以下の場合、グレードは「30CrMnSi」を示します。高品質の構造用合金鋼(SおよびP含有量≤0.025%)は、グレードに「A」を追加することで示されます。例:「30CrMnSiA」。スーパーグレード品質の構造用合金鋼(S≤0.015%、P≤0.025%)は、グレードに「E」を追加することで示されます。例:「30CrM nSiE」。特殊構造用合金鋼のグレードは、表1の製品の目的を示す記号をグレードヘッド(またはテール)に追加します。たとえば、リベット留めねじ用の30CrMnSi鋼のグレードは、ML30CrMnSiと表示されます。2.合金ばね鋼グレードの代表的な方法は、構造用合金鋼と同じです。例:炭素、シリコン、マンガンの平均含有量は、ばね鋼の0.60%、1.75%、および0.75%で、グレードは「60Si2Mn」として表されます。高品質のばね鋼の場合、グレードに記号「A」が追加され、グレードは「60Si2MnA」と表されます。


  • 前:
  • 次:

  • ここにメッセージを書き込んで送信してください

    ホットセール商品

    品質第一、安全保証